編集長 のすべての投稿

瞳

コンタクトレンズディスプレイはウェアラブルデバイスから生体デバイスへの架け橋だと思う

「どうせ嘘だろ」とか言われそうなのですが、かれこれ2006年ごろから、ずっとコンタクトレンズが5年10年もしたらディスプレイになるって言い張ってきました。

仕事仲間とも、よくその話題をつまみにしながら、きたるべく電脳化の時代への道標のひとつとしてコンタクトディスプレイは話題に事欠かなかったです。

当時思っていたことは別のブログに残ってますし、ずっと同じ未来のビジョンを追いかけている自分を、いまさらながら実感しますw

当時考えていたロードマップ的なものはこう。

 

1.チップやらBluetoothやらの超小型化が進む
2.軍事用のメガネ型のディスプレイは、コンタクトレンズ型へ
3.携帯デバイスと無線接続して、視界に表示



そのうち生体デバイスの道に進んで、電脳化の時代になり、脳波はレコーディングされ再生される時代へ

 

こんなことをもう少なくとも8年以上前から想像して、いつかそういう時代がきたら、そういう市場のどまんなかで仕事がしたいって言い続けてきましたw

で、この時代の流れのなかで予想どおりというか当たり前というべきなのか、コンタクトレンズのディスプレイ化も、軍事用では1ドット表示クラスでは実用化レベルまで来てるらしいですね。

Googleもコンタクトレンズのウェアラブルデバイスに着手とか。

あああ・・・生体デバイスベンチャー企業とか起業してみたい!!!

体温計

ウェアラブル温度計「Ran’s Night」

 

女性の為のウェアラブル温度計「Ran’s Night」低価格版を発売 | Techable.

これは便利!

って思う女性はいるんだろうなあ・・・。
なにぶん男なもので、基礎体温とかつけたことがないのです。

ただ、寝間着につけておくだけで、毎日勝手に基礎体温つけてくれるとか男の自分が想像するだけでも便利だと思う。

そのうちこういうのは全部、身体に埋め込む感じになっていくのかな。チップとかセンサーとかどんどん小さくなって、きっと体温どころか身体の全ての情報をモニターされる時代になるw

でも、とりあえず生活に密着したところで安価にウェアラブルなデバイスが浸透していくのは素敵なことです!

ドラム

ウェアラブル楽器? DrumPantsがあれば電車の中でもドラムの練習が出来るはず

これ凄いよ。こういうの凄く好き。

若いころバンドやってましたー、とかドラム経験ありますよー、って人は良く太ももを叩いてリズムとったりしますw

それこそ左の太ももを左手で叩いてスネア、右の太ももを右手で叩いてハイハットなどなど・・・。

これで音がでるなんてなんて素敵。しかもMIDI対応。

a1320_000151_m

ウェアラブルデバイス市場の未来

ウェアラブルデバイス市場の未来はどうなる–チップメーカー各社に聞く – CNET Japan.

要約すると、しばらく当面の間はフィットネスバンドとヘルスバンドが主だった商品。

かつ、スマートウォッチやスマートメガネは単なるスタートで、これからどんどん価格も下がって急速に普及していく。

米CNETがARM Holdings、Broadcom、Freescale、Intel、Mediatek、Qualcommの幹部にウェアラブルデバイスの未来について聞いた答えがこれかぁ・・・。

なんだかあれだなあ。

もっと夢のある話をして欲しいです。当たり前のことをさも未来のように言われても愉しくないし、革新でもなんでもないと思う。

でもチップメーカーが考える未来ってこんなもんか。

ジェスチャ

富士通研究所がグローブ型のウェアラブルデバイス

グローブ型のウェアラブルデバイス。しかもジェスチャ入力機能とかNFCまで備えてるとか。

用途的には、作業対象物に貼り付けたNFCタグを指先でタッチして関連情報をみたりして、端末などの操作の注意喚起や作業場面にあわせて支援情報の提示をするらしいです。

ただ、これだけだときっとあまり用途としては機能しきらないと思います。

前提として、視認系のウェアラブルデバイスとセットなんだと思う。

グーグル・グラスの入力デバイスだったり、視野に表示されているARや空間投影系の情報を操作するための入力デバイスとして、能力を発揮しそう。

 

これからはウェアラブルデバイスの時代!

2006年ごろ、WILLCOMの今で言うところのスマホのような携帯デバイスに出会って、8年も経ちました。

当時は、携帯にQWERTY配列の小さなボタンがたくさんついていたり、インターネットが普通のブラウザでアクセスするように見ることができるというが、本当に驚きでした。

今でこそ当たり前なのかもしれないですけど、メールにブラウジング、さらにテキストエディアやらファイラー。こんなものが携帯で動くというのは画期的だし、そこからの未来の進化を仲間内でも語り合う日常が幸せでしたよ。

その後、ガラケーからスマホの時代に変遷し、ついにはウェアラブルの時代が幕を開けようとしています。

こういうガジェット好きにはたまりませんw

本当は、更にその後は電脳化や攻殻機動隊、マトリックスの世界観がやってくると思ってますし、脳波がクラウドで共有化されるような未来も近い将来実現すると思っています。

そういう自分の考えている将来の想像と、これからのウェアラブルデバイスの進化の変遷を追いかけて愉しんでみようと思っています。

よろしくお願いします!